ゆず・ユズ・柚子

(05.12.7) 09.12.18更新

★柚子ジェル(化粧ジェル=化粧水)
 材料:柚子の種、ホワイトリカー(焼酎20度〜35度)

沸騰消毒したビンに種を倍量のホワイトリカーに浸けておくだけ。
2〜3日するとトロミが出てくるので、種を分離するようにフリフリ〜
種が直ぐには下に溜まらなくなってきます。
一日に一度、フリフリを忘れずに・・・

1週間ほどフリフリを続けると、少しずつトロミが出てきます。
そこでトロミが少ないようであれば、果汁を少し足してみます。
そして、更に1週間・・・フリフリ〜♪
詰め替え容器(必ず煮沸消毒する)に入れて使い易くしましょう。

(注)トロミが出なくても化粧水として充分OKです。^^

種を利用して

10個、20個の柚子が手元にあれば皆さんはどのように使いますか?
柚子は結構デリケートで、気温の低い地域は日持ちしますが、
温暖な地域は一週間くらいで皮が傷み始めます。
まずは横半分に切って汁を搾り、煮沸消毒したビンに入れておくと長く保存出来ます。
・・・そこで残る皮と種。
網目の細かいネットに入れてお風呂に浮かべてもいいでしょう。
でも、意外と美味しいものに変身するのです。
手間は少し掛かりますが簡単です。皆さんも試してみて下さい。

中袋は取り除き
白い部分がついたままの皮を千切りします。
(冷凍しておくと必要に応じて
使えるので便利です。^^)

☆黄色い部分だけ削いで千切りして、
酢の物や散らし寿司に使うのもいい。
見た目が上品でしょ。^^
(もちろん冷凍OK。)


(ポイント:作るものに応じて厚みを変えてスライスしましょう。)

★柚子マーマレード
  
材料:柚子皮15個分、 グラニュー糖800g、レモン果汁100cc
 1、出来るだけ薄くスライス(1〜2ミリ)し上記の要領で灰汁抜きをした柚子皮と
   グラニュー糖(3分の2)を入れ中火で煮る。
 2、水分が出てきたら弱火にし、
   焦げ付かないように混ぜながら残りのグラニュー糖を味見をしながら好みで加え煮詰める。
 3、最後にレモン果汁を加え煮る。←充分冷ましてから、沸騰消毒した保存容器に詰める。
   (ポイント:ワイン50〜100cc加えてもよい。)

★柚子入り大根の浅漬け
 
 材料:大根1/2本、柚子皮(黄色い部分のみスライスし、冷凍しておいたもの)
 1、大根は扇形にスライスし、市販の浅漬けの素に柚子皮を加えて半日浸ける。超簡単!
 (ポイント:前夜に漬けておくと朝食に間に合います。
       塩(約大さじ1)で漬ける場合は、軽く揉んで漬ける。)

☆いつも味見をしながら適当に作るため分量は目安ですが、今回は出来るだけ計りながら作ってみました。
参考になるかどうか分からないけれど興味のある方は、是非、挑戦してみて下さいネ♪

柚子ジェル(ステップ2)
ユズ化粧水

☆柚子ジェルは使用効果もかなりいいと言う「ごらく日記」のさとうさんより
伝授してもらって作ってみました。
さとうさんのサイトには更に充実した手作りのページがありますので
是非、参考にして下さい。

柚子ジェル(ステップ1)
柚子マーマレード
柚子の佃煮
柚子味噌
柚子入り大根の浅漬け
灰汁抜きの方法
1、千切りにして一晩水に浸ける。(2時間程度でもよい。)
2、ザルにあげ流水でサッと流し、鍋にヒタヒタの水と一緒に入れ、約5〜10分湯掻く。
3、ザルにあげ流水で余分の灰汁を洗い流す。
手作りの部屋トップへ
まずは横半分に切り、汁を搾る作業から始めます。
★柚子の佃煮
  材料:柚子皮600g(大10個分)、 砂糖500g、 みりん大さじ2、 塩中さじ1、 しょうゆ大さじ1
 1、5mm位に千切りし灰汁抜きをした柚子皮と砂糖、みりんを鍋に入れ
   中火で煮る。
 2、水分が出てきたら塩を加え、煮汁が少なくなったところで醤油(濃口)を加え、
   味を整え、煮詰める。
灰汁抜きが完了すれば後は簡単♪

搾った汁(酢)は煮沸消毒をした
空きビンに冷蔵保存。
日数が経つと上部に灰汁が溜まりますが
使うときに茶漉しで漉せば大丈夫。
決して腐敗している訳ではありません。

★柚子味噌
  材料:味噌1kg、柚子玉4個、砂糖500g、だし汁100cc、みりん大さじ2
 1、皮の黄色い部分だけを削ぎ、みじん切りにして湯掻き灰汁抜きをする。
 2、皮を削いだ柚子を横半分に切り汁を搾る。(約80cc程になります。)
 3、鍋に全ての材料を入れ、練りながらタラリ〜となるまで煮る。
 (ポイント:玉の方が皮が削ぎ易い。砂糖は味噌の半量。
       果汁の量は多少違っても大丈夫!・・適当に^^♪)

ユズ皮の千切り
ユズ酢
ホームへ
inserted by FC2 system